プログラム

「義太夫の可能性〜和と洋で聴くシューベルトの魔王〜」

出演:
豊竹呂太夫(人形浄瑠璃文楽 太夫)
河野克典(バリトン歌手)、渡部玄一(チェリスト)

第一部:ドイツ歌曲
シューベルト『菩提樹』ほか
文楽名場面『酒屋の段』より一節

第二部:チェロで聴く『BUNRAKU』ほか
トーク 豊竹呂太夫×河野克典×小川榮太郎
バリトンとピアノによるシューベルト『魔王』
義太夫で語る『魔王』

豊竹呂太夫(とよたけ・ろだゆう)
昭和22(1947)年生まれ。本名は林雄治。大阪府山滝村(現 岸和田市)の生まれ(住まいは大阪市住吉区)。祖父は10代目豊竹若太夫(3代目豊竹呂太夫)。昭和42年(1967年)3代目竹本春子太夫に入門し内弟子となり、祖父の幼名英太夫を3代目豊竹英太夫として名乗る。昭和43年(1968年)4月に毎日ホールで「戻り橋」左源太の役にて初舞台。昭和44年(1969年)、師の春子太夫の没で4代目竹本越路太夫に入門して内弟子となる。平成29年(2017年)4月に六代豊竹呂太夫を襲名。襲名披露狂言は『菅原伝授手習鑑』「寺子屋の段」。主な受賞に平成29年(2017年)に第47回JXTG音楽賞(現 ENEOS音楽賞)「邦楽部門」、平成15年(2003年)及び平成30年(2018年)に国立劇場文楽賞文楽優秀賞、令和元年(2019年)に第54回大阪市市民表彰。
「豊竹呂太夫のページ」はこちら
河野克典(こうの・かつのり)
山口県出身。東京藝術大学卒業、同大学院修了。ドイツ政府給費留学生(DAAD)としてミュンヘン国立音楽大学に学び、ウィーン国立歌劇場研究員として研鑽を積む。第43回ジュネーヴ国際音楽コンクール声楽部門第2位(1位なし)、第37回ヘルトゲンボシュ国際声楽コンクール歌曲部門第1位、ザルツブルク市賞など数々の賞に輝く。
日本声楽アカデミー会員ページはこちら
公式サイトはこちら

ⓒIWAKIRI

渡部玄一(わたなべ・げんいち)
東京芸術大学附属高校を経て、桐朋学園大学卒業。同校研究科卒業。1993年米国ジュリアード音楽院卒業。インディアナ大学で研鑽を積み1995年帰国。以来、NHKテレビ出演をはじめ、ソリストとして、また室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍。2003年より文化庁海外派遣員として1年間ドイツのミュンヘンにて研修。2008年(株)東京アンサンブルギルド設立。現在、読売日本交響楽団団員。父は英語学者、評論家の渡部昇一。
公式サイトはこちら

対談「真実の宮本武蔵——ルネッサンス的巨人の実像」

竹本忠雄×小川榮太郎

竹本忠雄(たけもと・ただお)
日仏両語での文芸評論家、講演家。筑波大学名誉教授、コレージュ・ド・フランス元招聘教授。東西文明間の深層の対話を基軸に、多年、アンドレ・マルローの研究者・側近として『ゴヤ論』『反回想録』などの翻訳、『マルローとの対話』などを出版、かたわら、日本文化防衛戦を提唱して欧米での反「反日」活動に従事(日英バイリンガル『再審「南京大虐殺」等」、その途上で皇后陛下美智子さまの高雅なる御歌に開眼してその仏訳御撰歌集をパリで刊行、大いなる感動を喚起して、対立をこえた大和心の発露の使命を再確認する。
令和元年11月、87歳で仏文著書『宮本武蔵 超越のもののふ』(日本語版、勉誠出版より近刊)を機にパリに招かれて記念講演を行い、新型コロナウィルス流行直前に帰国。
小川榮太郎(おがわ・えいたろう)
日本文化サロンを主催する株式会社文化と創造代表取締役。文藝評論家、一般社団法人日本平和学研究所理事長。昭和42(1967)年生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学院修了。フジサンケイグループ主催第十八回正論新風賞、アパ財団主催第一回日本再興大賞特別賞、咢堂ブックオブザイヤー2019総合部門大賞受賞。著書に『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)、『小林秀雄の後の二十一章』(幻冬舎)、『天皇の平和 九条の平和――安倍時代の論点』(産経新聞出版)、『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)、『一気に読める戦争の昭和史』(扶桑社)、『平成記』(青林堂)、『新型コロナ』(上久保靖彦京都大学特定教授との対談本、WAC BUNKO 327)、『國憂ヘテ已マズ』(青林堂)、『「保守主義者」宣言』(扶桑社)、『作家の値うち 令和の超(スーパー)ブックガイド』(飛鳥新社)ほか多数。

プログラムをご鑑賞頂きながら、お食事と交流会をお楽しみ頂けます。
ここでしか出会えない人々、味わえない世界を、是非ご体験下さい。

※開催延期となりました。改めてのご案内まで暫しお待ち下さい※

概要

開催名
2022年1月28日開催 日本文化サロン
日時
※蔓延防止措置適用に伴い開催延期となりました
延期後の日程は後日発表致します。
会場
明治記念館「蓬莱の間」
〒107-8507 東京都港区元赤坂2丁目2−23
公式サイトは こちら
ご参加費
ビジターTICKET ¥30,000
会員の方は入場無料です(要予約)
お振込先
楽天銀行
第三営業支店(支店番号253)
普通 7206511
株式会社文化と創造
お問い合わせ
株式会社文化と創造「日本文化サロン事務局」
電話:03-6272-8738(平日9時~18時)
E-Mail:office@nipponbunkasalon.com

※開催延期となりました。改めてのご案内まで暫しお待ち下さい※

PAGE TOP