アドバイザリーボード

森谷真理(もりや・まり)

武蔵野音楽大学卒業、同大学院およびマネス音楽院修了。《魔笛》夜の女王で鮮烈なメトロポリタン歌劇場デビューを飾る。その後、《トゥーランドット》リューでの欧州オペラデビューを皮切りに、リンツ州立劇場専属歌手として《ラ・ボエーム》、《椿姫》など数々の作品に出演するほか、欧米主要歌劇場で活躍。天皇陛下御即位記念式典では「君が代」独唱を担う。令和2年(2020)R・シュトラウス《サロメ》、令和3年(2021)アルバン・ベルク《ルル》(二期会)のタイトルロール。令和4年(2022)NHKニューイヤーオペラコンサート出演。
森谷真理オフィシャルサイト

PAGE TOP